お墓を守っていくことの難しさ

両親は生前に東京都が運営している都立小平霊園に、自分たちの墓地を購入し墓碑も建ててありましたので、亡くなった後も慌てることがありませんでした。
そこは芝生墓地と呼ばれている広めの区画で、隣の墓碑とも少し距離があるのでゆっくりとお墓参りをすることが出来ます。霊園内では車で途中まで行きそこから徒歩で5~6分のところに実家のお墓があります。

父が先に亡くなっていましたので、母は私達娘と一緒にお墓参りをするのが嬉しそうでした。それぞれの区画が広めなので私達は持参したシートを芝生の上に敷き、お墓の前で持ち寄ったお菓子やお弁当を広げ母を囲んで生前の父の話しや、何気ない話をするのが楽しみでした。

母は私達姉妹の長姉の嫁ぎ先のお墓がこの霊園にあって、一緒にお参りをしたときに気に入って購うことを決めたのです。
墓地は多数の応募者の中から抽選によって購入する権利が貰えるのですが、母は親戚と一緒の霊園に自分達のお墓があれば誰かがお参りに来てくれるから寂しくないと話していました。

実際二つの墓地は約10メートル位離れた位置にあるので、霊園に行った時は両方のお墓にお参りをしてきていました。
しかし私達姉妹も高齢になってきていることに加え、それぞれが嫁いでいる身であるため実家のお墓をこれからも守っていけるのかという問題が出てきました。

かと言って自分達の孫に墓守をさせること等有り得ないことで、皆で話し合いの結果合祀にすることにしました。今迄使っていた墓地は更地にして返さなければなりませんので、霊園の管理事務所の方や、石屋さんにもお世話になりながら手続きをしました。何だか寂しい気もしますが安堵感もあります。

私達の決めたことを天国にいる両親もきっと受け入れてくれていると思っています。

最近霊園に移転をしました

私のご先祖様のお墓は最近霊園に移転させたところです。以前は自宅からかなり離れた不便なところにお墓があって毎年お墓参りのたびに時間をかけて足を運んだものですが、霊園に移転をさせてからはずいぶん距離も近くなり便利になりました。

またその霊園は最近出来たばかりのもので、隅々まですごく美しく整備されています。芝生が敷き詰められていて墓石もピカピカで、お墓への道も石畳やレンガできれいに舗装がなされています。

以前お墓があった場所は昔からあるいわゆる墓地といった感じで、どうしても薄暗いイメージがあったのですが、それと比べると現在の霊園はずいぶん明るく華やかなイメージになったものです。とはいえもちろんどちらも立派なお墓であることにはかわりないのですが、やはりどうせお墓参りをするなら清潔できれいな場所で行いたいものです。そうしたことで霊園にお墓を移転させてからは便利になると同時にお墓参りも楽しい気分で行えるようになりました。

そしてこの霊園には昔ながらの和風の墓石だけでなく、様々なタイプの墓石が立ち並んでいるのも特徴です。おまけに一つ一つの区画が広々としていて、緑が点在しています。

ご先祖様のお墓参りをするために特に場所にこだわるわけではないのですが、緑いっぱいの自然に囲まれた場所ならお墓参りをする私たちだけでなく、そこに眠っているご先祖様にとってもきっと気持ちが良いのではないかなと思います。なので霊園に移転をさせて大正解でした。

ペット霊園でお世話になりました

ずっと一緒にいた愛犬が亡くなったのです。十七歳でこの世を去りました。みるみる衰えていく姿をもう見ないでもいいのです。きっと愛犬も安らかに逝ったのでしょう。
そして私は車で三十分のところにある、ペット霊園へ行きました。火葬をしてもらったのです。結構費用はかかりましたが、家族の一員として当たり前のように火葬をしたかったのです。

人間のようにお別れをした後、火葬をしてもらったのです。火葬の時には大好きだったドッグフードを入れました。そしていつも一緒に遊んでいたり、くわえていたぬいぐるみを入れました。一緒に火葬をしてもらったのです。そして収骨もしました。家族みんなで収骨をしたのです。人間と違って、骨も少なかったです。小型犬なのでとても小さいのです。

とても涙があふれてきました。もう二度と会う事はできないのです。ずっと一緒だったのに、もうそばにはいないのです。この霊園で眠る事になったのです。

ちゃんと墓地も作りました。家族なので墓地が必要だと思ったのです。でもこの中で一匹だけで眠るのはとても寂しいと思います。だから私もいっその事死んだら同じ墓地に入りたいのです。それはできるはずはないのですが、そうしたいのです。

私は毎週、霊園へ来ています。お花を持って来ています。いつだって一匹ではないと教えるためなのです。私も家族も、みんなの心中にはいつも愛犬がいるのです。目には見えないですが、ずっと私達家族を支えてくれているのです。

屋外霊園人気が加速のわけ

霊園も今では、ずいぶんとハイテク化が進んでいることを実感します。もうね、結構な勢いでお墓は屋内霊園へと変わっていっていることを感じるのです。なぜなら、うちの実家の墓地がそうですから。

雪が降る地域だということもあるのですが、野ざらしで雪の中にお墓が埋まってしまうよりは、多少お金を支払ってでも、屋内霊園へとお墓を移動させたいという人もいるようで、ご新規さんだけではなくて、これまでの先祖代々のお墓を屋内霊園へと移動させる人もいるようです。

確かに、屋根があるだけでも、お墓参りの快適さはずいぶんと違いますからね。なにより、お線香やローソクの火をつけるのに四苦八苦しなくっても良いというところが、なによりも快適なのかも知れませんね。スムーズに火をつけられることって実は意外と重要だと思います。お墓参りでイライラする人が現れてもイヤですからね。

それに、これはまあ、屋内霊園だけではなくて、屋外霊園でもおこなわれていますが、お供え物の処分も屋内の方がスムーズですからね。と、言いますか、屋外霊園の場合ですと、お供え物をしても、瞬く間にカラスや猫やネズミの餌食になりますからね。故人のためにお供え物をしたのにも関わらず。それに、お供え物の温度管理も屋内霊園の方がしやすいでしょうしね。

そういった、まあ言ってみれば「ちょっとしたこと」でも、快適なことって案外助かるものですよね。そして最近とくに屋外霊園人気が加速していることにも、なんだか納得してしまいますね。